既存のLAMP環境(モチロンPHP7)にZabbixをインストール

LINEで送る
Pocket

まっさらな状態でZabbixをインストールしたらPHP5.4が入っちゃったので、PHP7の環境にZabbixをインストールする手順を紹介します(^-^)

 

0.環境


項目バージョン
CentOS7.4.1708
Apache2.4.6
MySQL5.7.19
PHP7.1.10
Zabbix3.4

 

1.PHPモジュールインストール(不足していれば)


Zabbixには以下のモジュールが必要ですので、もし既存のphp環境に不足があればインストールします。

yum install --enablerepo=remi-php71 php php-mysqlnd php-ldap php-gd php-xml php-bcmath php-mbstring php-pecl-mysql

 

2.Zabbixインストール


Zabbixをインストールします。※バージョンはそのときの最新等お好きなものに変えてください。

rpm -Uvh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.4-2.el7.noarch.rpm


yum install --enablerepo=remi-php71 zabbix-server zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

 

3.MySQLにZabbix用のデータベース・ユーザ作成


MySQLにZabbix用のデータベースとユーザを作成します。※ここでは「データベース:zabbix ユーザ:zab」で作成しました。

create database zabbix;

grant all privileges on zabbix.* to zab@localhost identified by '[zabのパスワード]';

Zabbixのデータベースを構築します。

zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.4.2/create.sql.gz | mysql -uroot -p zabbix

 

4.Zabbix設定ファイル修正


/etc/zabbix/zabbix_server.conf

に以下定義を記述します。※コメントアウトになっている箇所はコメントを外します。

DBHost=localhost

DBName=zabbix

DBUser=zab

DBPassword=zabのパスワード

 

5.Zabbix起動


サービスを自動起動とし、起動します。※Zabbix → Apache の順です。

systemctl enable zabbix-server

systemctl start zabbix-server

systemctl (re)start httpd

Zabbixページにアクセスします。⇒ http://そなたのIPアドレス/zabbix

「Next step」するとこんなエラーが。

PHPの設定値がZabbix基準に合ってないみたいです。

php.iniの該当箇所を「Required」の値に修正します。※ここでは、「post_max_size」「max_execution_time」「max_input_time」を修正。

 

もしPHP versionでFailが出たら、「/usr/share/zabbix/include/classes/setup/CFrontendSetup.php」のバージョン判定部分を修正してください。

if (version_compare(PHP_VERSION, '5.6', '>=') && version_compare(PHP_VERSION, '7.0', '<')) {

↑5.6以上7.0未満って判定っぽいんですけど、このままでも今回はエラーになりませんでした。

 

Apacheを再起動すると、

ALL OK!になりました!

「Next step」ですすめます。

↑MySQLに作成したデータベース・ユーザ情報を入力して「Next step」。

↑ここはこのまま「Next step」。

↑情報が表示されるので「Next Step」。

↑Congratulations! 「Finish」するとログインページが表示されます。

初期は「Admin」「zabbix」です!

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*